Cell

CRCP-40256/57  
2009/11/04  
Nippon Crown Music

AVCD-23183 AVCD-23182B
kanji
сразу
  1. 桃色gene
  2. WARP
  3. ジャンクDNA
  4. marionnette
  5. WHITE HOLE
  6. AI
  7. KARA
  8. MAD
  9. BLACK HOLE
  10. BABY JUMP
  11. 時の破片
  12. psycho

桃色gene

絶妙な魅惑のカーブ 桃色の司令塔かくれんぼ
邪魔くせぇ布を剥ぎ取り 現れたリアルを鷲掴め

原始の性 遺伝子の罠 グルグルグルグルグル
グル目が回る
洗脳失敗 煩悩飛来 逆に暴走したのは妄想
黄色い猿を穴取るな!!

突き上げろ 突きまくれ 極上の恍惚を奪い合え
悩ましい 桃色吐息 溢れ出すアドレナリン
ぐちゃぐちゃのキッス

堪らない 嗚呼…止まらない 桃色の秘密基地ビ
クついて
邪魔くせぇ森を切り裂き 現れたリアルをめくるめく

原始の性 遺伝子の罠 グルグルグルグルグル
グル目が回る
洗脳失敗 煩悩飛来 逆に暴走したのは妄想
赤い血潮の核心へ!!

突き上げろ 突きまくれ 極上の恍惚を奪い合え
悩ましい 桃色吐息 溢れ出すアドレナリン
ぐちゃぐちゃのキッス
狂い出せ 狂い咲け 絶世の瞬間に響き合う
掻き鳴らせ 桃色名器 大胆な快感の旋律を

絶妙な魅惑のカーブ 桃色の司令塔かくれんぼ
堪らない 嗚呼…止まらない 桃色の秘密基地
メルトダウン

突き上げろ 突きまくれ 極上の恍惚を奪い合え
悩ましい 桃色吐息 溢れ出すアドレナリン
ぐちゃぐちゃのキッス
狂い出せ 狂い咲け 絶世の瞬間に響き合う
掻き鳴らせ 桃色名器 限りある生命を限り無く…

WARP

目を閉じてごらん 時が止まるよ
灼熱の季節に 鼓動合わせて
声も出せない程 抱き締め合えば
愛が突き刺さり 走るイナズマ

愛したい アインシュタイン
想像の 先へ 相対性 make love

最高の解放を 本能のキラメキを
第六感広げ WARP… 飛び込め
永遠の愛なんて 一瞬で決まるのさ
目眩が する程 KISSしたら

真夏に 熟した 君の胸を 奏でて… Hey!!

くちびる噛み合って 時を止めよう
情熱の大陸で 甘い引力
声が溢れるまで 奪い合ったら
愛が溶け合って 喘ぐイナズマ

愛したい アインシュタイン
絶頂の 先へ 相対性 make love

最強の細胞よ 妄想を突き破れ
The third eye 開いて WARP… 飛び込め
永遠の誓いより 一瞬のトキメキを
君の 本気を 感じたい

魅惑の ひとくち 血の流れが暴れる… Hey!!

目を閉じてごらん 時が止まるよ
灼熱の季節に 鼓動合わせて
声も出せない程 抱き締め合えば
愛が突き刺さり 走るイナズマ

愛したい アインシュタイン
生命の 暴走 相対性 make love

最高の解放を 本能のキラメキを
第六感広げ WARP… 飛び込め
永遠の愛なんて 一瞬で決まるのさ
目眩が する程 KISSしたら
最強の細胞よ 妄想を突き破れ
The third eye 開いて WARP… 飛び込め
永遠の誓いより 一瞬のトキメキを
君に 未来を 感じたい

時空を 超えても 愛ンしュたいン… 飛び込め… Hey!!

ジャンクDNA

より深く… より深く…
やわらかに 切り裂いて
敏感に うねり往く
むき出しの 抵抗が

興奮は 恍惚へ
本能は 官能へ
嗚呼… まだ… 逝かないで…

ほとばしる 透明な 愛の神秘 飛び散れ
性感帯に くちづけて 喘ぐ 音色 操れ
暴かれゆく 理性のjewelry

より深く… より深く…
筋肉が 動き出す
血管が 脈々と
痙攣を 繰り返す

支配者は 優しさを
突き刺して 囁いた
嗚呼… まだ… 逝かないで…

ほとばしる 淡白の 愛のマグマ 飛び散れ
性感帯を 突き抜けて 喘ぐ 名器 かき鳴らせ
暴かれゆく 理性のjewelry

より深く… より深く…
やわらかに 切り裂いて
敏感に うねり往く
むき出しの 抵抗が

興奮は 恍惚へ
本能は 官能へ
嗚呼… まだ… 逝かないで…

ほとばしる 透明な 愛の神秘 飛び散れ
性感帯に くちづけて 喘ぐ 音色 操れ
ほとばしる 淡白の 愛のマグマ 飛び散れ
性感帯を 突き抜けて 喘ぐ 名器 掻き鳴らせ
覚醒する 野生のjewelry

marionnette

誰かに作られた 暗い部屋で一人きり
何処からか届けられた 電影に酔い
閉ざした窓の外を 想像すると息苦しく
孤独と妄想の 渦に堕ちて逝く

形のない 愛を知らないまま
生まれてきた証しさえも 零れ落ちて
魂まで 矛盾に操られ
影も形も心もない僕が 空っぽの愛を歌う?

アイタイ キミニアイタイ
セカイジュウノダレヨリ アイシテル
ニジュウヨジカン オモッテル
イノチノカギリ アイシツヅケルト チカウヨ

誰かのトラウマが 誰かを憂鬱にさせて
何処からか聴こえてくる 悲鳴に変わった
閉ざした窓の外は 本能が暴走して
モラルと幻想の 罠に堕ちて逝く

形だけの 愛に身を委ねて
生まれて来た証しさえも 売り飛ばして
魂まで 矛盾に犯されて
鏡の中の嘘つきな僕が 仕組まれた愛を歌う?

アイタイ キミニアイタイ
セカイジュウノダレヨリ アイシテル
ニジュウヨジカン オモッテル
イノチノカギリ アイシツヅケルト チカウヨ

誰かに作られた 暗い部屋で一人きり
何処からか届けられた 電影に酔い
閉ざした窓の外を 想像すると息苦しく
孤独と妄想の 渦に堕ちて逝く

形のない 愛を知らないまま
生まれてきた証しさえも 零れ落ちて
魂まで 矛盾に操られ
影も形も心もない僕が 空っぽの愛を歌う

アイタイ キミニアイタイ
セカイジュウノダレヨリ アイシテル
ニジュウヨジカン オモッテル
イノチノカギリ アイシツヅケヨウ

会いたい 君に会いたい
昨日よりも今 愛してる
溜め息の度 想い出す
シビレルくらい 抱き合えば わかるさ

WHITE HOLE

止まらない 熱い風 吸い込んで
悩ましく 喘えぐハート
たまらない 引力に吸い込まれ
狂い出す 愛のビート
壊れそうな空間で 抱き合うのさ
胸を焦がすメロディー 宇宙へ放て

見慣れた空 白い太陽 塗りつぶして
何故か急に あふれる涙 こらえていた
過ぎゆく日々に 罪はなくても 胸が痛み
無常の中に 君という光 探していた

耳を済ませ 此処はリアル
手を伸ばせ 僕は此処にいる
奇跡の星で 奇跡 つかまえて

止まらない 熱い風 吸い込んで
悩ましく 喘えぐハート
たまらない 引力に吸い込まれ
狂い出す 愛のビート
壊れそうな感情を つなぎ合わせて
夢の翼広げ 未来へ放て

見慣れた空 白い太陽 塗りつぶして
想いを込めた 僕だけの歌 聞こえますか?

耳を済ませ 此処はリアル
手を伸ばせ 僕は此処にいる
奇跡の愛で 奇跡 感じよう

止まらない 熱い風 吸い込んで
悩ましく 喘えぐハート
たまらない 引力に吸い込まれ
狂い出す 愛のビート
止まらない 熱い風 吸い込んで
たまらない 引力の 風に乗り
壊れそうな空間を 切り裂いたら
胸が高鳴るメロディー 宇宙へ放て

AI

夢花火のように 夢鮮やかに
行く季節は 愛しく
僕は相変わらず 風に吹かれ
道なき道を 歩いています

ふと… よぎる切なさに くちびる重ねたあの夜
上手く笑えなかったけど 心の声信じて欲しい

愛して… 愛され… あふれ出したアイよ
強く儚く はばたいてゆけ
喜び… 悲しみ… 幾千の想いを
そっと抱きしめて歌おう
心の声で… 裸の声で…

そよぐ夏草が 星降る夜に
逝く季節は 哀しくて
僕は相変わらず 夢をまとい
名もなき未来 探しています

さよならさえ言えずに 涙をただ見つめていた
ふるえる肩が物語る 心の声忘れはしない

哀して… 哀され… あふれ出したアイよ
強く儚く はばたいてゆけ
ゆれる吐息… 手触り… やわらかな香りを
そっと抱きしめて歌おう
心の声で… 裸の声で…

絡みついた切なさを 涙でほどいた終幕
そしてそれぞれの空へと 描いてゆく それぞれの虹

アイして… アイされ… あふれ出したアイよ
強く儚く はばたいてゆけ
この胸を… 締めつける… アイという魔法を
そっと抱きしめて歌おう
心の声で… 裸の声で…
心からアイを… 裸のアイを…

KARA

抜け殻手繰り寄せ 暗い部屋で深い妄想
影も形もない 愛と欲が絡まる
嗚呼無常の秘蛇が 罪を濡らしくわえ込む
ハイスピードでとろけたら 限界まで吐き出せ

這い回る唇の 感覚よ消え去れ
空っぽの時空に 落ちてゆこう

音もなく心が泣いてる
壊れ果てたぬくもり 刻んださよなら
とらわれた本当の気持ちは
ただ時が過ぎ去るのを 待ち続けるだけ
ただそれだけさ…

倒錯の官能 暗い部屋で深い妄想
君は眠りの中 誰かの夢に抱かれて

切なさに震える 本情よ消え去れ
暗闇を愛して 落ちてゆこう

音もなく心が泣いてる
悲しみがない訳じゃない 永遠のさよなら
とらわれた本当の気持ちは
記憶の海に沈めて 泡に還るだけ
ただそれだけさ…

這い回る全ての 感情よ消え去れ
底なしのリアルの 奥へもっともっと

音もなく心が泣いてる
壊れ果てたぬくもり 刻んださよなら
とらわれた本当の気持ちは
ただ時が過ぎ去るのを 待ち続けるだけ
音もなく心が泣いてる
悲しみがない訳じゃない 永遠のさよなら
とらわれた本当の気持ちは
記憶の海に沈めて 泡に還るだけ
ただそれだけさ…

MAD

クラクラして 動けなくて
ビリビリして 警戒して
ギリギリまで 焦ら焦らして
スレスレまで 手を伸ばして
ドキドキして クリックして
ビリビリして なんでん感電!!

目隠しをほどいて コレを見てごらん
手錠を外して そっと触ってごらん
愛の幻想を 滅茶苦茶にしてごらん

戯れ言に踊らされ 洗脳され
まともなフリしてちゃ チワワになるよ
芽生えたこのカオスを 育ててみな
手遅れになる 前にしゃぶりつけ!!
Let's go!!

クラクラきて 倒れそうで
グラグラきて 溢れそうで
バクバクきて インストール
ドクドクきて 限界突破!!

目隠しをほどいて 自分の目を信じて
手錠を外して 自由に舞い踊れ
愛の幻想を 滅茶苦茶にしてごらん

戯れ言に踊らされ 洗脳され
まともなフリしてちゃ チワワになるよ
芽生えたこのカオスを 育ててみな
手遅れになる 前にしゃぶりつけ!!
Let's go!!

愛の幻想を 滅茶苦茶にしてごらん
愛の幻想を 滅茶苦茶にしてごらん

戯れ言に踊らされ 洗脳され
まともなフリしてちゃ チワワになるよ
芽生えたこのカオスを 育ててみな
手遅れになる 前にしゃぶりつけ!!
ゑろく熱い吐息が 加速して
弾け飛んで逝くよ 愛にかじりつけ!!
Let's go!!

BLACK HOLE

さあ 始まりの くちづけしたら
呼吸を止めて 深く 深く
感じるままに pitchを上げて
宇宙へ逝こう もっと もっと

とろけるほど あなたが見えない

お願いだから いい子でいるから
殺めるように 僕を愛して
ためらわないで このまま奏でて
熱く甘く 底なしの愛のプレイ

嗚々 燃えるほど 結ばれてるのに
なぜ苦しいの キリリ キリリ
痛みの先で 切なさ溢れ
こぼれ落ちるよ キラリ キラリ

とろけるほど あなたが見えない

お願いだから いい子でいるから
殺めるように 僕を愛して
ためらわないで このまま奏でて
囁くように 首筋を噛んで
お願いだから お願いだから
殺めるように 僕を生かせて
あなたの中で あなたと奏でる
熱く甘く 絡み合う愛のリズム
むき出しの愛のメロディー

とろけるほど あなたが見えない
乱れるほど 吐息が切ない

お願いだから いい子でいるから
殺めるように 僕を愛して
ためらわないで このまま奏でて
囁くように 首筋を噛んで
お願いだから お願いだから
殺めるように 僕を生かせて
あなたの中で あなたと奏でる
熱く甘く 絡み合う愛のリズム
むき出しの愛をもっと…

BABY JUMP

blood beatで勃ち上がれ blood suordを
くわえ込め
やわらかな天国で 愛のイナズマが暴走

blood chordの暴れん棒 blood speedで腰を振れ
びしょ濡れの天国で 聖のマグマが誕生

baby baby baby jump
(crash crash crash crash'n blood)
baby baby baby dive
(crash crash crash crash'n blood)

blood beatは止まらない blood suordは
振り向かない
答えなどいらないさ 愛のイナズマが暴走

blood chordが狂い出し blood speedで狂い咲く
ギリギリのギリギリで 聖のマグマが誕生

baby baby baby jump
(crash crash crash crash'n blood)
baby baby baby dive
(crash crash crash crash'n blood)

膨らんだ 官能の極み
弾け飛ぶ 生命のカラクリ

blood beatで勃ち上がれ blood suordを
くわえ込め
やわらかな天国へ 愛と命ぶちまけろ

baby baby baby jump
(crash crash crash crash'n blood)
baby baby baby dive
(crash crash crash crash'n blood)

baby baby baby jump
(crash crash crash crash'n blood)
baby baby baby dive
(crash crash crash crash'n blood)

時の破片

欠けてゆく夏の日 僕は目を閉じて
何かを探しに… 心をめくって…
日差しに揺れながら… 君が笑ってた…
些細なページに 胸は張り裂ける

蕾が開いて 喜びが溢れて
ただひたすら 抱いて
感じ合うしるしが 傷跡を溶かして
ほんの一滴 泣いた

形のない時の破片 行き場のない青春
切なさが 包み込むよ
たとえ遠く離れても 僕は歩いて行くよ
全ての愛と悲しみを 連れて

変わり行く街並み 僕は立ち止まり
大空の青さを 心に重ねた
夢を語り合って 未来を描いた
高鳴る記憶に 胸は張り裂ける

重ね合う体 すれ違う視線が
消えゆく光に 浮かぶ
すがりつく思い そっとふりほどいて
憂いと儚さを 知った

形のない時の破片 行き場のない青春
切なさが 包み込むよ
たとえ遠く離れても 僕は歩いて行くよ
全ての愛と悲しみを 連れて

蕾が開いて 喜びが溢れて
ただひたすら 抱いて
感じ合うしるしが 傷跡を溶かして
ほんの一滴 泣いた

形のない時の破片 行き場のない青春
切なさが 包み込むよ
たとえ遠く離れても 僕は歩いて行くよ
全ての愛と悲しみを…
連れて明日へ未来へ いつかは君のもとへ
時には振り返りながら
たとえ遠く離れても 僕は歩いて行くよ
時の破片を集めて行くよ

psycho

指先を研ぎ澄まして 首筋に殺意の愛撫
君はそっと微睡んだら 恍惚の階段へと
気高きこの瞬間から 蘇る野獣の性
深い溜め息の先で 哀の愛の一撃を

永遠に君を 奪い去る為に

渇き飢えてる唇の 奥に光る牙を剥いて
純血を吸い尽くしたら 恍惚へと深く刺して
神聖なるこの儀式で 混ざり合う遺伝子液
喘ぐ粘膜に染みる 哀の愛の一撃を

永遠に君を 奪い去る為に

今宵 さらなる 奇跡の高みへ はれて 暴かれた
生の極みへ

果てしなく 命の光を放て
限りある 時を赤く染めて
残酷な ナイフが心に刻む
傷口に 咲いた夢を開け

指先を研ぎ澄まして 首筋に殺意の愛撫
君はそっと微睡んだら 恍惚の階段へと
気高きこの瞬間から 蘇る野獣の性
深い溜め息の先で 哀の愛の一撃を

永遠に君を 奪い去る為に

今宵 さらなる 奇跡の高みへ はれて 暴かれた
生の極みへ

果てしなく 命の光を放て
限りある 時を赤く染めて
残酷な ナイフが心に刻む
傷口に 咲いた夢を開け
果てしなく 命の光を放て
限りある 時を赤く 染めて僕は
君を抱いたままで