THIS IS PENICILLIN 1994~1999

AMCM-4445/6  
1999/10/06  
Haqeh Blue/ Tears Music/eastWest japan/Warner Music Japan

   
russian
kanji
romaji
сразу
Disk-1
  1. Chaos
  2. QUARTER DOLL
  3. 冷たい風
  4. ETERNITY
  5. Melody
  6. マザー・グース
  7. Desire
  8. Brand New Lover
  9. HUMAN DOLL
  10. 螺旋階段
Disk-2
  1. ロマンス
  2. CRASH
  3. 99番目の夜
  4. REAL×××
  5. 言葉にならない愛
  6. Violet
  7. Blue Moon
  8. 太陽の国
  9. DEAD or ALIVE
  10. Mr.Freez
  11. make love
  12. NICE IN LIP + L
  13. 天使よ目覚めて

 

Chaos

eins ... zwei ... drei ... vier
記憶の中の甘い吐息 僕の体に絡みつき
痛みを忘れ澄み渡る 黄泉の世界へ今旅立つ

凍える肌溶ける瞳 きれいな体そのままで
痛みを忘れ澄み渡る 黄泉の世界へ今旅立つ

僕を信じて 話を聞いて お願いだから手を離さないで
触れあう指が 教えてくれた 声にならなくて .....

eins ... zwei ... drei ... vier

僕を信じて 話を聞いて お願いだから手を離さないで
夢から醒めた 子供のようさ 声にならなくて .....

僕を信じて 話を聞いて お願いだから手を離さないで
触れあう指が 教えてくれた 声にならなくて .....

僕を信じて 話を聞いて お願いだから手を離さないで
触れあう指が 教えてくれた 声にならなくて .....

eins ... zwei ... drei ... vier

QUARTER DOLL

意識が薄れて 微笑みを忘れ 愛の言葉が形を変えて
氷の中で悲鳴を上げて 罪を重ねてる あなたを殺した

もっとシリアスにレベルを上げて 愛の言葉を刺激に変えた
何も聞こえないレ-ルの上で 耳を塞いでいる あなたを殺した

Why don't you escape from silly days?

戸惑いを隠せずに瞳を閉じる 繰り返し叫んでも あふれる涙
涙の数だけうたってあげる 幻にしばられて もう動けない

もっとシリアスにレベルを上げて 愛の言葉を刺激に変えた
何も聞こえないレ-ルの上で 耳を塞いでいる あなたを殺した

Why don't you escape from silly days?

戸惑い惑いを隠せずに瞳を閉じる 繰り返し叫んでも あふれる涙
涙の数だけ うたってあげる 幻にしばられて もう動けない

變わらない愛だから もう迷わない くり返し祈ってもあふれる涙
涙の数だけうたってほしい あなたにしばられて もう動けない

冷たい風

ざわめきの中 一人たたずみ 空を見上げている
冷たい風が通り過ぎたらきっとあなたはいない

心を閉ざし 見つめ合う

輝いていた記憶の中に一人で何を描く
闇の深さに怯える夜は小鳥のようにないた

心を閉ざし 見つめた

いつまでもいつまでも 君を抱きしめて
震えてるその身體 靜かに包んで
いつまでもいつまでも 君を抱きしめて
幻の中だけで 僕は生きている

心を閉ざし 見つめた

いつまでもいつまでも 君を抱きしめて
震えてるその身體 靜かに包んで

心を閉ざし 見つめ合う
この胸の中 忘れない

いつまでもいつまでも 君を抱きしめて
震えてるその身體 靜かに包んで
いつまでもいつまでも 君を抱きしめて
幻の中だけで 僕は生きている

ETERNITY

沈みゆく體支え  現實に戾れなくて
迷いながら手をのばし   罪深き君を手に入れた

似合わない笑顔覚え   あやまちを忘れたくて
失恋の傷をいやし   すれ違う君を見送った

敎えてくれ美しき魔女よ   十字架で飾られたのは
快楽のダイヤルをまわせば    束の間のまばたきに

さらば君はどこまでのぼりつめ消えてゆくのか
遊びならば今すぐこの僕をあの空へ eternity

沈みゆく體支え現實に戾れなくて
迷いながら手をのばし罪深き君を手に入れた

敎えてくれ美しき魔女よ 十字架で飾られたのは
快楽のダイヤルをまわせば 束の間のまばたきに

秘密めいた目つきでたわむれて愛し合うのか
胸に残るぬくもり悩ましく突き刺さる

さらば君はどこまでのぼりつめ消えてゆくのか
遊びならば今すぐこの僕をあの空へ eternity
 
海のように深い微笑みに何を見るのか
永遠にくり返す運命のいたずらか

さらば君はどこまでのぼりつめ消えてゆくのか
遊びならば今すぐこの僕をあの空へ eternity

Melody

いばらの中 閉じ込められ 刺が刺さる あざわらう天使
おびえながら 息をひそめ 耳をふさぐ 道化師のように

現の中で選んだ答え 消えてしまおう毒を含み

遠くはなれた 軽いだけの夢は終わる すべてを忘れて
演じられた ブリキの夢 夜に溶ける すべてを裏切る

ささやく声も届かぬ空へ 消えてしまおう風より速く

Ah...静かに過ぎゆく 現実の中で どんなMelodyをかなでるのだろう

現の中で選らんだ答え 消えてしまおう毒を含み

Ah...静かにやさしく 唇ふさいだ 強く抱きよせて涙をおとす
Ah...静かに過ぎゆく 現実の中で どんなMelodyをかなでるのだろう

マザー・グース

青い夜が過ぎて 雨の朝 恋に落ちた二人は 戻れない
忘れられない あやまちと ふりかえる心をとじこめた

時計の針が止まっても 恋に落ちた少女は眠れない
やせた体をふるわせて 血まみれの心をとじこめた

湧きおこるいらだち からみつく悲しみ
別れを告げる場面

さよなら きっと 忘れてあげる 君と僕だけの涙を
マザーグースの物語 心の闇を照らすだろう

湧きおこるいらだち からみつく悲しみ
別れを告げる場面

同じ言葉なのに 優しさが見えない
季節が変わる場面

さよなら きっと 忘れてあげる 君と僕だけの涙を
マザー グースのほほえみがやがて君を守るだろう

Desire

神が導く乱れた世界 鏡の中へ消える
激しくあげくあなたの背中に
指を這わせて切り裂く
絡み合い溶けてゆく快楽に身を任せ
耳を澄ませばあなたにも聞こえる神々の声

塞ぐあなたの心の奥に爪を立てて
刻みこまれた傷は何処へ
全てを支配し 今違う世界で生きているのさ

静寂の中 欲望だけが頭の中をかき回す
激しくあげくあなたを残し 幻覚の世界へ飛んだ
醜く寫る気高き姿 流れる時間の中へ
耳を澄ませばあなたにも聞こえる神々の声

うつりゆくまなざしが胸に刺さり
ベッドの上で炎は消える

螺旋の言葉で今祈る世界に終りを告げる

Brand New Lover

ガラスの台詞を胸に抱き 遠くを見つめて立ち尽くす
雲裂くはばたき 水面に移して 輝いた身体 願いは消え去る

ガラスのプライド崩れ落ち 逃げていく影を貫いた
聖なる調べに 想い出をのせて 愛しいあなたは 身体を無くした

もしも生まれ変われるなら 愛し会える二人に
今も変わらない想いを ずっと抱きしめて

ガラスの台詞を胸に抱き 遠くを見つめて立ち尽くす
雲裂くはばたき 水面に移して 輝いた身体 願いは消え去る

もしも生まれ変われるなら 愛し会える二人に
胸の痛みを届けたい 愛していたあなたに
もしも巡り合えるのなら 愛し会える二人に
今も変わらない想いを ずっと抱きしめて

HUMAN DOLL

今ここで晝と夜が重なり合って
海を越え僕の聲を君の胸に
行き先も分からぬまま はばたいてゆく
窓の外 夢のかけら通り過ぎる

流れゆく時の中で動きをやめた
何もかも信じられず ふさぎこんで
耳元でささやいている優しい聲と
悩ましく響きわたる鐘の音に

*目を覚まし操つられ心を奪われて
骨まで冷めきった僕は
偽りの仮面を脱ぎ捨てる勇気と
あふれる悲しみで僕は

**苛立つ街で静かに夢見る human doll
失うことをおそれて愛が消えてゆく
僕の体はすでに惡魔に犯されて
心の傷にそっとくちづける

*REPEAT

**REPEAT

苛立つ街で静かに夢見る human doll
信じることに疲れて愛が消えてゆく
天使のような微笑みもすぐに色あせて
心の傷に今は気づかない

**REPEAT

螺旋階段

空は高く 摩天楼の中へ 消える影を追いかけて
歩き疲れて 明日が見えない 灰色の景色に紛れて

マニキュアで背伸びをしても 寂しさが心に残った

優しい声はもう聞こえない 陽炎がゆらめいて
どこまでも続く 螺旋階段のような 毎日をすごしてる

着飾って街を歩く 寂しさを心に残して

太陽の下で目をふせたまま 曖昧な夢を手放せなくて

雨に打たれて 風に吹かれて 川のせせらぎ 木の葉のざわめき
雨に打たれて 風に吹かれて 忘れかけた 幼い頃の想い

雨に打たれて 風に吹かれて 川のせせらぎ 木の葉のざわめき
雨に打たれて 風に吹かれて 失いかけた 暖かな温もり

太陽の下で目をふせたまま 最高のSTORY信じていたい
太陽の下で目をふせたまま 曖昧な夢を手放せなくて

ロマンス

愛に気づいて下さい 僕が抱きしめてあげる
夢も涙も忘れて 君を求めていた
誰も知らない世界で 僕がささやいてあげる
窓に映る切なさは 生まれ変わるメロディー

壊れてしまった バランスが崩れた
手探り探す指先が震えて
戸惑うくせに絡みつく花びらは
溜め息重ねて浮かぶイメージ

目を閉じてごらん どこまでも行こう
鮮やかに奪われた君が離れない

愛に気づいて下さい 僕が抱きしめてあげる
夢も涙も忘れて 君を求めていた
誰も知らない世界で 僕がささやいてあげる
恋に落ちる切なさは 生まれ変わるメロディー

夏の雪のように優しい微笑みは
美しい君に遊ぶイメージ

泣かないで僕が側にいるから
完璧に奪われた愛が止まらない

冷めた悲劇のヒロイン 僕があたためてあげる
君の眩しい笑顔に 早く会いたいから
声にならないトキメキ うまく歌えない I LOVE YOU
僕の君に届けたい 生まれ変わるメロディー

愛に気づいて下さい 僕が抱きしめてあげる
夢も涙も忘れて 君を求めていた
誰も知らない世界で 僕がささやいてあげる
全て君だけの為に 生まれ変わるメロディー

愛は幻の中へ 僕は君を見失う
愛に気づいて下さい 

強く強く抱きしめたい 生まれ変わる天使

CRASH

誰にも負けない ダイヤの翼で
いつかきっとはばたける
痛みをこらえて涙を切り裂け
きっと強くなれるはず cry for you

とても冷たい人混みの中
抜け出せないデジタルな子供達
自分らしさを取り戻す為に
ナイフのような爪を立てている

素直に笑えない  切ない苦しい
戸惑いと憂いに犯されて  張り裂けそう

誰にも負けない ダイヤの翼で
いつかきっとはばたける
唇かみしめ太陽をにらめ
きっと強くなれるはず cry for you

突然の雨に目覚めた花さえ
美しく強く咲いているのに

真実が見えない  どうしても見えない
奇跡を待っていたら  大切な夢まで見失う

夜空に輝くダイヤの翼が  冷めた心を貫けば
悲しい過去さえ Melody に変えて
未来を見つめられるから  今

時は流れ  溢れ出した  涙を抱きしめ
君に送る  crazy crazy for you

誰にも負けない ダイヤの翼で
いつかきっとはばたける
壊れた心の傷が消えるまで
believe you  祈る この愛を cry for you

君が望むなら僕はどこまでも飛べる
こんな気持ち初めてさ
誰にも負けない気持ちを伝えたい
love you  誓う この愛を cry for you

99番目の夜

一秒でちぎれたボタン むせかえる、ヴァニラの香り
緩やかなカーブの先を そっと噛んでみる

うずくまる膝の間で、 オブラート溶かしてごらん
めくるめく甘いゼリーを 味わえるはずさ

冷たいテーブルの 上で罪さえ 消えてゆく

99th night アダムとイヴ
その涙を楽園に変えてみせる
Cry Cry&Cry 止められない
この世界が壊れてく 99th night

しなやかにのけぞる身体 スピードを上げた柘榴に
口紅で汚れた僕が 飲み込まれてゆく

しめつける柔らかい壁 苛立ちを高める呼吸
イメージの奥まで深く 楽しめるはずさ

満たされるまで君は 踊り続けて 崩れてく

99th night アダムとイヴ
その身体が禁断の果実になる
Cry Cry&Cry 止められない
血の流れが混ざり合う 99th night

シナリオ通り69 オスとメスの快感
優しいだけの愛は 吐き気がするぜ 消えてくれ

99th night アダムとイヴ
暗く狭い天国に閉じ込められ
Cry Cry&Cry 昇りつめる
もう動けないさよなら 99th night

REAL×××

Ah... リアルな街の中で銀色の化石になる
Ah... 時間という波に静かに飲みこまれてゆくだろう

Ah... リアルな夢の中で本とうの自分に出あい
Ah... 新しい世界で本とうの君を愛するだろう

溢れ出す星のしずくを 最期まで見つめていたい 
思い出を確かめるように

もっと強く もっと深く 君の中で愛し合えば
言い出せずに消えた想い 君の中へ溶けてゆくだろう

溢れ出す星のしずくを 最期まで見つめていたい
思い出を確かめるように

モノクロの景色の中で 無邪気に笑う君がいた
抱きしめる勇気がなかった

もっと強く もっと深く 君の中で愛し合えば
言い出せずに消えた想い 君の中へ溶けてゆくだろう

言葉にならない愛

瞼を閉じれば 昨日までの
悪夢に震えて 動けない

涙が止まらないまま 冷たい部屋の中
壊れた鏡に映る 真実に気づかない

哀れな彼女は 醒めた顔で
まだ見ぬ命を 欺いた

わがまますぎた僕らは 大人になれなくて
傷つくことを恐れず 運命を切り刻む

やさしさの中へ 消えるうたごえが
言葉にならない 愛を伝えたくて

哀れな彼女は 醒めた顔で
まだ見ぬ命を 欺いた

わがまますぎた僕らは 大人になれなくて
傷つくことを恐れず 運命を切り刻む

溜め息の中へ 消えるうたごえと
切ない想いを 一人口ずさむ

やさしさの中へ 消えるうたごえが
言葉にならない 愛を伝えたくて

Violet

疲れきった旅人の 憩いのオアシスは
南の国の木影か ライン川の岸辺か

夕映えが染めている 嘆きの森を

すみれの花に あたたかな愛の力を感じた
冷たくなって眠る旅人を やさしく包んだ

嘆きの森に眠りをゆだねると
どこからか聞こえる 見知らぬ人のこえ

空気で作られた 自由なからだの
妖精や精霊が 教えてくれた

すみれの花に あたたかな愛の力を感じた
冷たくなって眠る旅人を やさしく包んだ

夕映えが染めている嘆きの森で
やっと見つけたんだ 最後の眠りを

何から話そう…

すみれの花に なつかしい愛の力を感じた
あなたが確かに その花だった あえてよかった
あえてよかった…

Blue Moon

雨が降りつづいて 街は眠りつづけ
走る車さえも夜を抜け出せない
歪んだこの世界に溢れだす足音
絡みつく孤独を鮮やかに色彩る

青白く光ってる月のようなあなたに
いつの間にか奪われていた Blue Moon

雨に怯えながら一人震えていた
遠い記憶の中のあなたがよみがえる
歪んだこの世界は終わらない幻
甘いわなに落ちて やがて目覚めてゆく

作り上げた言葉も 惑わされた心も
いつの間にか奪われていた Blue Moon

刹那すぎる Jealousy 止まらない欲望
すれちがう2人は 眠る街を彷徨う

青白く光ってる月のようなあなたに
いつの間にか奪われていた
作り上げた言葉も 惑わされた心も
いつの間にか奪われていた

刹那すぎる Jealousy 止まらない欲望
すれちがう2人は 眠る街を彷徨う

刹那すぎる Jealousy 止まらない欲望
すれちがう2人は 時を忘れ彷徨う

太陽の国

暗い目つきのまま他人の痛み 見えても見ないフリ
そんなやり方に慣れすぎた僕ら

君の涙を止める手段
どこで仕入れればいいか
敎えてくれ偽物でもいい すぐに

地球が呼吸してる 僕の足元で
地図にさえ載らない国へ続いてる
悲しみのかけらもないこの世の果て
太陽の国へ

白い痩せた腕は役立たずにただブラ下がってる
何にも救えず君も抱けないんだ

全ての悩み消せる力
誰か僕にくれないか
どんな不當な取引だって交わそう

地球が呼吸してる僕も共犯者さ
君の傷を癒す資格もないのか

地球が汚れてゆく 悲しみの雨で
消えた夢の行方 すさんだ眼差し
ちっぽけな君と僕は無力だけど

地球が呼吸してる 君の足元で
愛し愛されればたどり着けるさ
太陽の国へ

DEAD or ALIVE

冷たい人の流れに あなたの顔が見えない
かすかに感じる痛み 嘘で固めたコネクション

Walkin' in the rain 時を越えて
Walkin' in the rain 愛し合えた

とがった雨に撃たれて アスファルトにはりついた
どこかで聞こえる悲鳴 メッキの剥げたリレイション

Walkin' in the rain 傷つくこと
Walkin' in the rain 恐れていた

ああ降り注ぐ哀しみが壞れた僕の胸に
ああ あなたさえ信じられないから
もっと激しく DEAD or ALIVE もっと激しく

ひ弱な顔を脱ぎ捨て 踏みつぶして唾を吐け
あなたを愛しすぎれば 憎みはじめるリアクション

Walkin' in the rain 裏切られて
Walkin' in the rain 震えていた

ああ戻せない思い出に甘える 僕の中身
ああ 愛なんて思いきり蹴飛ばせ
もっと激しく DEAD or ALIVE もっと激しく

Walkin' in the rain 時を越えて
Walkin' in the rain 愛し合えた
Walkin' in the rain 裏切られて
Walkin' in the rain 愛が消えた

ああ 少しでもなくすなら 全てを失いたい
ああ あなたさえ信じられないから
もっと激しく DEAD or ALIVE もっと激しく

Mr.Freez

Freez!! Fu!!
I feel empty
Freez...Mr.Freez....Hey! Mr.Freez....
I feel metal
Freez...Mr.Freez....Hey! Mr.Freez!!
I will never stay. Never ever never save.
Break!!!
Freez...Mr.Freez....You are Mr.Freez!!
Freez...Mr.Freez....Hey! Mr.Freez!!
You are Mr.Freez...

make love

通り過ぎるキレイな嘘  こぼれない真珠の涙
誰もが皆向かい風の中で 愛を叫んでいる

運命の出会いに 気がついたら迷わずに
二人をさえぎる トキメキを脱ぎ捨てて

そして裸のまま 抱き合えば 始まる Memories
君は僕に 僕は君に 熱くなる
花のように やわらかな くちびるなのに
Ah・・・ あざやかに 乱れたい 君に溺れている

傷つけあうことに疲れ なんとなくつまらない時は
思い出せ衝撃的なドラマ きっとわかりあえる

運命の流れを 自由に 泳いでみよう
二人の世界は 激しく 輝いて

そして裸のまま 求め合い はじける Memories
君は僕に 僕は君に とけてゆく
花のように やわらかな くちびるだから
Ah・・・ やわらかに 甘えたい 君と夢を見たい
永遠に君と二人で

君が初めて 素直に笑ってくれた夜
ふいに くれた Kissは忘れない

それは花のように この胸に

壊れる程 抱きあえば あふれる Memories
君は僕を 僕は君を 愛してる
雨に打たれても 咲いていて 僕を信じて
Ah・・・ いつまでも いつまでも 君を離さないから
そしてこの歌を君だけに

NICE IN LIP + L

止まった世界 始まる微熱 イメージを超える女神
聖なる星の 光を浴びて ブロンドの羽を広げ
色あざやかな 夢見る蜜に いとしい体を浮かべ
心よ走れ 想いよ届け 僕はあなたを奪う

Ah ... 全てを満たした 激しい痛みは 最期の喜び

壊れた天国 言葉はいらないのさ
殺られたこの心 いつでも いつでも あなたへ

醒めない夢と 目覚めた世界 ほほえむリアルな女神
祈りよ走れ 願いよ届け 必ずあなたを奪う

Ah ... 遥かな曲線 美しい魔力 極まる喜び

狂った天国 ゆがんだ現実に
殺られたこの体 いつでも いつでも あなたへ

Ah ... 全てを満たした 激しい痛みは 最期の喜び
   はじめて感じた 胸の痛みは 愛する喜び

壊れた天国 言葉はいらない
犯られた傷口が 熱くて 熱くて 熱くて
壊れてしまうよ 言葉はいらないのさ
あふれるこの想い いつでも いつでも いつでも
いつでも いつでも あなたへ
あなたへ
あなたへ
あなたへ

天使よ目覚めて

天使よ目覚めて 憂鬱を吹き消し
この想いにきづいて
天使よ目覚めて まだ見ぬあなたへ
このうたを届けて欲しい

自分さえ愛せなくて 毎日が過ぎてゆく
太陽は胸の奥で いつでも輝いてる

誰もが感じてる 不思議なトキメキは
この胸に流れる 永遠のメロディ-

天使よ目覚めて 憂鬱を吹き消し
この想いにきづいて
天使よ目覚めて まだ見ぬあなたへ
このうたを届けて欲しい

誰もが感じてる 不思議なトキメキは
この胸に流れる 永遠のメロディ-
飾らない言葉で あなたの心へ

天使よ目覚めて 憂鬱を吹き消し
この想いにきづいて
天使よ目覚めて まだ見ぬあなたへ
このうたを届けて欲しい

天使よ目覚めて 憂鬱を吹き消し
この想いにきづいて
天使よ目覚めて まだ見ぬあなたへ
この愛を届けて欲しい